最期のエコ

お葬式の問題って考えたことがありますか。
もし自分のお葬式のときに…と考えて、どのくらいの金額がかかるものなのか、どんな祭壇があるのかなど考えたことがあるでしょうか。

お葬式ってかなりお金がかかりますよね。
お坊さんの手配からお葬式の会場費用、祭壇や遺影、霊柩車やお棺…
考えるだけでもかなりの数のものが必要で、とても大変です。
お金もどういった規模でやるかという問題はありますが、それでも小規模だとしてもかなりのお金がかかることになります。

しかし、今、普通の見た目ではわからないように作られているダンボールでのお葬式があるのを知っていますか。
ダンボールで作られた祭壇に、ダンボールのお棺まで登場しました。
見た目にはダンボールだということがわからず木材でできているものという感覚ですが、持ってみるととても軽くとてもエコです。

お棺もひのきが使われているのが一般的ですからとても高価なものです。しかし、ダンボールのお棺だと金額も環境にもエコなものになっています。

人生最期のエコ活動としてダンボールのお葬式も良いかもしれませんね。金額もあさえられて見た目には立派なのですから気にすることはありません。

ダンボールで最期を迎えることができるなんて現代はすごいですね。
もちろん使われたダンボールはリサイクルに出されることになりますから最期のエコ活動になるでしょう。